仮想通貨

アフィリエイターは仮想通貨市場に参入したほうが良いのか

投稿日:2018年2月11日 更新日:

こんにちは、イアンです。

今回は、「アフィリエイターは仮想通貨市場に参入すべきかどうか」というテーマでお話させていただきます。

まず、僕自身としては仮想通貨市場は確実に大きくなっていくものだと確信しています。

なので、仮想通貨のビジネスに参入するかどうかに関係なく、これからの近い未来にどんなふうにして仮想通貨が使われていくのか非常に興味を抱いています。

僕達の住んでいる日本は間違いなくキャッシュレス時代に近づいていると言っていいのではないでしょうか。

コンビニの無人化も確実に導入されると言われていますから、すべての生活費の決済システムがデジタルコインによって行われる日が来るのもそんなに遠くないはずです。

多くのアフィリエイターが仮想通貨市場に参入

最近になって、アフィリエイターが仮想通貨市場に参入しているケースが目立つようになってきました。

仮想通貨市場に参入と一口に言っても、興味本位でビットコインなどの有名なコインを少額だけ買う形から何千万円~何億円単位で資産として仮想通貨を購入する形まで様々です。

情報起業家で有名なYさんは何億円単位で仮想通貨を購入してツイッターで注目を集めましたが、多くのアフィリエイターも仮想通貨市場に足を突っ込んでいます。

仮想通貨の信用取引は絶対にNG!

仮想通貨の信用取引などはかなりリスクが高く、ロスカットで強制退場になって何千万円という大金を失っている人も結構います。

予測がつかない市場で仮想通貨などの信用取引をすることは非常に危険性をはらんでいるので個人的には信用取引は絶対にしてはいけないものと解釈してます。

もちろんやるやらないは個人の自由ですが、資産家の方々も信用取引だけは絶対にやってはいけないと言っているくらいなので、やめておいたほうが賢明です。

仮想通貨のタラレバばなし

僕がビットコインの話しを聴いたときは、たしか6年くらいまえでした。

ビットコインのセミナーに誘われて、これからは暗号通貨の時代が来るから持ってたほうが良いと言われたのを覚えています。

実際に、その頃に僕にビットコインを勧めてきた人は今は億単位の資産を保有して一気に経済的な自由を掴み取っているので凄いですよね。

もし、あのときビットコインを買っていれば、今ごろ自分は、、

そんなふうに考えている人は、僕以外にも、けっこう居るんじゃないでしょうか。

まあ、タラレバの話をしても仕方ないですが、数年前から仮想通貨市場に参入していた人は巨額の富を築き上げています。

僕の友人であるKさんは、カルダノという仮想通貨を今から2年くらい前に10万円分買って、含み資産を何千万円と増やしています。

当時は詐欺だとか胡散臭いとかで敬遠されていたカルダノですが、今じゃ格付けランキングの上位に君臨している信用性の高い通貨になっています。

僕もKさんに10万円分カルダノを買ってみないかと声掛けしてもらってたんですが、慎重派の僕はそんなの持っててどうするの?って感じでKさんのお誘いを断ってました。苦笑

アフィリエイターの僕が提唱している仮想通貨との関わり方

稼いでいるアフィリエイターの方でも仮想通貨市場には参加しないと断言されている方もいらっしゃいます。

参加しない理由としては、相場や市場の動きがとにかく早く、投機的な対象として扱われている分、短期的な利益を求めることを迫られるからです。

それに何百万円や何千万円とコインを買っても取引所がハッキング被害にあう可能性もあります。

あとは国家レベルでの仮想通貨の規制が出てくれば僕たちは為す術がなくなります。

大きな収益を得た場合は、雑所得や住民税で収益の半分以上の所得を税金として収める必要もあります。

初心者は仮想通貨のデイトレードよりもガチホが安心

短期での利益を求めるとデイトレードのような手法になってくるので、トレーダーとしてのスキルがないと少々参入障壁があります。

日頃からFX市場で取引をしているトレーダーの方からすれば仮想通貨での取引は簡単ですが、初心者にとってはネックになってくる部分が大きすぎます。

僕も仮想通貨を保有していますが、デイトレードのようなことは一切やっていません。

知識や経験値がない状態でトレードをすることは、裸で戦場に向かうくらい馬鹿げた愚かな行為だと考えているからです。

なので、僕は今後ビットコインに引き継ぐような主要なコインを幾つか買って、そのコインを一切売らずにそのままの状態にして寝かしています。

いわゆる仮想通貨をガッチリ保有する「ガチホ」というやつですね。

ビットコインはそろそろオワコン化してきている?!

最近になってあらゆるところでビットコインの時代はもう終わったと言われるようになってきました。

たしかにビットコインは他のアルトコインに比べると実質的な価値の部分(手数料・送金スピード)で劣っているかもしれません。

ですがビットコインなしでは、この仮想通貨市場は作られることはなかったわけですから、パイオニアとしての地位は永久不滅だと考えています。

個人的にはビットコインは価値が下がってきて実質的な通貨としては使用されないと考えているので、送金手数料が安い通貨や、送金スピードの早い通貨を積立形式で購入しています。

例えばイーサリアムやリップルなどは、今後さらに価値を引き上げていく通貨と予想しているので、安いときに買い増ししています。

もちろん確実にイーサリアムやリップルがビットコインの代わりになるとは断言できません。

ですが、実用的なコインとして使用できる充分な材料が揃っているので、昔のビットコインのように爆発的する可能性は高いと言えるでしょう。

たしかに0.0何円の時代から計算するとイーサリアムやリップルは何十倍も値段を上げています。

そういう意味では当時のように何百倍、何千倍といった収益を得れる確率は低いでしょう。

ただ、イーサリアムやリップルは今後様々な壁を乗り越えながら通貨としての価値を大きく引き上げてくるような気がしています。

仮想通貨は、ほどほどに

僕の個人的な意見をいうと仮想通貨は持っておいて損はないと思います。

だけど、不安定な市場であることには変わりないので、過度な期待は抱かないほうが良いでしょうね。

今目の前にあるアフィリエイト作業をコツコツ積み重ねていったほうが、仮想通貨で稼ぐよりも精神衛生上ラクですし、そっちのほうが稼げるかもしれません。

なので、仮想通貨はほどほどにやるのが妥当じゃないかという結論に至りました。

いちばん理想的なのは、アフィリエイト報酬を増やしていって、余剰資金で気になる通貨をドルコスト平均法で購入していく形です。

暴落した時は買い増しで追加投資をして、自分が利益確定させる値段をあらかじめ決めておくのが良いと思います。

-仮想通貨

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

実績の詳細を知りたい方には
LINE@にてお伝えしています。

上のキャプチャは1案件のみで売り上げた1ヶ月の報酬額です。

1サイトで月に30万円以上の収益を出すことは難しくはありません。

もちろん、Googleアップデートのことを考えると1サイト5万円くらいのサイトを20個~30個運営していくほうがリスクヘッジになります。

物販アフィリエイトは案件によって承認率が変わってきますので、高い承認率を叩き出すためには商品を確実に受け取ってもらうためのライティングスキルなども必要になってきます。