ネットワークビジネス

ネットワークビジネスで月収300万円稼いでいる友達のはなし

投稿日:2018年2月12日 更新日:

こんにちは、イアンです。

今回はネットワークビジネスの可能性について話そうと思います。

ネットワークビジネスって稼げないイメージがあると思いますが、運が良ければ普通に安定的に稼げるビジネスモデルです。

運がいいっていうのは参入するタイミングとか、会社が増収し続けてるとか、サービスの質が高いとか、伝えた相手が自分以上に頑張ったりとか、色んな理由が合わさったら凄いよという意味です。

ちなみに僕もネットワークビジネスをやっていますが、毎月10万円くらい入ってきています。

僕が取引している会社は去年のおわりに業務停止になって、今は新規のメンバーさんが入ってこれない状態ですが、調子のいいときは30万円近くの振込がありました。

僕にそのネットワークビジネスを教えてくれた人は組織が1000人くらいあって毎月150万円くらい稼いでいます。

健康食品関連のネットワークビジネスはそろそろきつい?

日本ではインターネット市場、リアル市場問わず健康食品業界は淘汰される傾向にあります。

健康市場の経済規模はとてつもなく莫大ですが、とある権力的な理由で規制が強まって肩身が狭い状態です。

とある権力的な理由を暴露すると、僕も淘汰されかねないので、このあたりの発言は避けておきます。

ただ、ネットワークビジネス最大手のアムウェイやニュースキンは、ずっと上位に君臨し続けると思います。

薬事法や特商法の規約が厳しくなっても外資系企業は存続し続けるだけの国絡みの背景があるからです。

そのあたりの背景については、またどこかで話そうと思います。

ネットワークビジネスで時間的経済的自由を手に入れた友人Sさん

僕の友達のSさんはネットワークビジネスで毎月安定して200万円〜300万円を稼いでいます。

Sさんは僕と同じ滋賀県出身の30歳で、少し前までは某大手食品会社(上場企業)の研究員として安定した給料をもらっていました。

食品会社に就職したのは大学まで何不自由なく行かせてくれた両親に親孝行するためだったそうですが、一人暮らしでサラリーマン生活をしていると大した親孝行など出来ずで、自分の無力さを痛感したそうです。

Sさんと出会ったのは2年前なんですが、そのときはまだ彼は食品会社で働いていました。

もともと食品会社に就職するまでは保育士として学童保育所で働いていたことも教えてくれました。

自分が本当にやりたいことは子供達に仕事の楽しさを伝えたいことなのに、このままじゃ仕事は楽しいものだと胸を張って言えない。

だからビジネスの世界で成功することに決めましたって心斎橋のサンマルクカフェで話してくれてたのを覚えてます。

Sさんがビジネスで成功を収める理由は、全部で3つありました。

1.経済的な部分で圧倒的な成果をだして、両親を安心させてあげること

2.時間的自由になって、好きなときに自分のタイミングでどこにでもいけること

3.子供達に仕事の楽しさを伝えるための会社を設立すること

こないだ彼から久しぶりにLINEがあって、僕が燻っている間に3つ全て達成していました。

Sさんがネットワークビジネスで成功した理由を分析してみた

Sさんはビジネスで成功を収めるための手段として友達から聞いたネットワークビジネスを取り入れて、世界最速クラスのスピードでトップのタイトルを獲得することに成功します。

最初にネットワークビジネスの話を聞いたときは友達が騙されているから助けてあげないといけないと思ったそうです。

で、話を聴いていくうちに法律的にアウトなものではないビジネスモデルであることが分かったので、誘ってくれた友達の顔を潰さないために義理で登録用紙にサインしたところから彼の逆転劇が始まります。

最初は友達の助けになるならという思いで、会社に通いながら空いた時間でネットワークビジネスを友達や知り合いの人に伝えていったそうです。

そしたらほとんどの人がSさんのやっている健康食品のネットワークビジネスに興味を示して、気づけば数百人のビジネスグループが出来上がったと言います。

普通だったら、それネズミ講だよとか、マルチ商法なんてやったら友達なくすから辞めたほうが良いとか言われるのが普通です。

そのあたりは、Sさんの今までに作り上げてきた信頼関係や謙虚さや誠実さなどの色んな理由があるのでしょう。

なので、あらゆる面で総合的に人格形成できている人ならネットワークビジネスで成功する確率はかなり見込めると思います。

ちなみにSさんが取り組んだ健康食品のネットワークビジネスで稼いでいる人は自分も含めて、ごく一部だったそうです。

これじゃあ駄目だと思って、自分のメンバーさんの稼げる確率を引き上げるために、今まで作り上げたタイトルや収入をすべて捨てて他の会社に移動します。

移動したことによって今まで稼げてなかったメンバーさんが稼げるようになっていて、いまSさんの傘下にいるメンバーさんの数は2000人を超えています。

ネットワークビジネスとアフィリエイトの仕組みはほぼ同じ

厳しい意見になりますが、ネットワークビジネスでの成功確率を数値化すると限りなくゼロに近くなると思います。

ちなみにここで使っている成功の定義は、不労所得に近い権利的な収益を安定的に毎月7桁以上稼ぎ続けることを指します。

月々のサービス使用料や製品代金を無料にするとかであれば、取引する会社の収入システム次第ですが、そこまで難しくはないと思います。

以前からずっと思っていたことを今ここで言葉にしますが、ネットワークビジネスとアフィリエイトの仕組みってほとんど同じですからね。

どちらも最初は時間を投資する労働型で、ネットワークもアフィリエイトも少額でスタートできるメリットがあります。

アフィリエイトもネットワークも企業の広告宣伝をして、販売につながったら、そのなかのパーセンテージをいくらかもらう広告宣伝業です。

アフィリエイトに取り組む人のことをアフィリエイター、ネットワークビジネスに取り組む人はディストリビューターと呼びます。

唯一違うのは、ネットワークビジネスが連鎖販売取引という法律のもとで、流通を組織的に構築していくのに対し、アフィリエイトには組織構築がないという点です。

アフィリエイト案件にも2ティアとか3ティアとかの多段階的な報酬が入るものもあります。

ネットワークビジネスの最大の魅力は継続安定収入

ネットワークビジネスでは組織的なヒエラルキーが形成されるため、サービスが利用され続けている限り、権利的な収益が入ってきます。

反対にアフィリエイトの場合は初回報酬で終わるので、ずっと新規顧客を開拓し続ける必要があります。

そのかわりアフィリエイトではネット上に資産を構築できるので、寝ていても遊んでいても勝手に収益が入ってきます。

ネットワークビジネスの場合も組織がある程度大きくなってくると、自分が知らない間に組織が伸びていき不労所得に近い収入が入ってきます。

参入障壁としてはネットワークのほうが高めなので、個人的にはアフィリエイトでの成功確率のほうが高いと思います。

ネットワークビジネスのイメージが悪い理由

ネットワークの参入障壁が高くなっているのには理由があります。

一般的に世間ではネットワークビジネスがネズミ講と勘違いされています。

当時一世風靡したアムウェイ社の一部会員による強引な勧誘活動、豊田商事事件などがメディアで頻繁に報道されたことなどもイメージダウンの理由のひとつです。

実際に僕もネットワークビジネスのことを詳しく知らなかった頃は、アムウェイはネズミ講と思っていました。

いま考えると情弱すぎて恥ずかしくなるんですが、おそらく以前の僕のようにネットワークビジネスをネズミ講と勘違いしている人がたくさん居ると思います。

アムウェイが全国レベルで拡大していた頃に勧誘された人は嫌な思いをしている確率が高いので、ネットワークビジネスにたいして拒絶的な反応を示すことも多いですね。

ネットワークビジネスは経費が高くつくのがネック

ネットワークビジネスはお茶代とか食事代とかの経費がけっこうかかります。

毎日、3人くらいカフェで商談とかしていると、コーヒー代1500円~2000円くらいかかります。

往復の交通費用とかも計上すると、普通にワンルームマンションの家賃並みに高くつきます。

僕がネットワークビジネスで熱心に活動していたときは、会員同士のセミナーや交流会、ミーティング、飲み会などをやっていたので、普通に10万円くらいはかかっていました。

毎月の収入が10万円入ってきても経費で10万円消えて収入が右肩上がりに伸びていかないなら、まじでやらないほうがいいレベルです。

ネットワークビジネスで成功することを夢見ている人へ

もし、ネットワークビジネスの参入を考えているなら、アフィリエイトである程度の収入を稼げるようになった状態で挑戦するのが良いと思います。

ネットワークビジネスで毎月安定した収入があれば、アフィリエイトの案件が停止になって報酬が突然ストップしても、焦らずにすみますからね。

別にネットワークビジネスにかぎらずリスク分散のために常に色んな範囲から収益源を確保しておくことをオススメします。

Sさんのようにネットワークビジネスで毎月300万円の安定的な権利収入が入ってくれば、キャッシュ・フローで色んなビジネスに投資して資産を増やしていけるようになります。

そういう意味でもネットワークビジネスの業界で成功することは夢があると思います。

-ネットワークビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

運営者プロフィール(イアン)

【運営者プロフィール(イアン)】

↑大阪の某焼肉店にてコンサル生と一緒に記念撮影したときの写真です。

ヒゲが濃いのが悩みで脱毛に通いましたが、あまりの痛さで断念しました。笑

【経歴】

昭和62年生まれの30歳。

滋賀県出身のアフィリエイターとして日々アフィリエイト作業に励んでいます。

現在は大阪に住みながら体に負担のかからない程度に不労所得構築に勤しんでいます。

【整体師からアフィリエイターに転向】

幼少期から虚弱体質でアレルギー、アトピー、喘息、線維筋痛症と様々な不定愁訴に悩まされる。

優れたカイロプラクターの施術で喘息が改善されたことで民間療法に世界に興味を持ち、整体師としての道をスタートさせる。

朝から晩まで肉体労働することに嫌気がさし、5年間の整体院勤務にピリオドを打ち、個人事業主としての道を歩むことを決意する。

現在はお年寄りの方や体の悩みで不安になられている方のメンタル面やフィジカル面をトータルサポート。(口コミ限定で展開)

整体での収益源は労働収入になるため、複数の収入源を得る手段としてアフィリエイトを始める。

安定的な資産サイトを構築するために必要になる本質的なノウハウをブログやLINE@にて絶賛投稿中。

↑LINE@にて、期間限定で無料相談を実施しています。アフィリエイトに関することなら遠慮なくご相談ください。

実績の詳細を知りたい方には
LINE@にてお伝えしています。

上のキャプチャは1案件のみで売り上げた1ヶ月の報酬額です。

1サイトで月に30万円以上の収益を出すことは難しくはありません。

もちろん、Googleアップデートのことを考えると1サイト5万円くらいのサイトを20個~30個運営していくほうがリスクヘッジになります。

物販アフィリエイトは案件によって承認率が変わってきますので、高い承認率を叩き出すためには商品を確実に受け取ってもらうためのライティングスキルなども必要になってきます。