アフィリエイト

アフィリエイトはオワコン化して稼げないって本当?!

投稿日:

アフィリエイトは飽和したとかオワコン化したと言われることがありますが、何も知らずにこの言葉を鵜呑みにするとチャンスを逃します。

実際、アフィリエイト市場は右肩上がりに伸び続けている稼げる市場です。

アフィリエイトの市場規模について調べたところ下記のようなデータが算出されていました。

2016年度のアフィリエイト市場は2006億5000万円で、2017年度は2045億円。

2020年度の同市場規模は3500億円に達すると予測されている。

ちなみに電通が発表した2016年度のインターネット広告費は1兆3100億円。

そのうち2006億円がアフィリエイト広告になっている。

アフィリエイト市場を牽引しているのはASPの新規参入組。

中小規模の広告主にとってアフィリエイトを活用することは広告費削減の大きなメリットになる。

年々、広告主の視野も拡大してきており、市場参入へのハードルが下がり、ASPへの参入事業者数も増加している。

たしかに昔のように無料ブログに数記事くらい適当に文章を書いてバナー広告を貼り付けてるだけで荒稼ぎ出来る時代は終わったと思います。

僕はその時代にアフィリエイトに真剣に取り組んだことがないため、無料ブログで稼ぐと言えば、せいぜいGoogleの広告を貼り付けてお小遣いを稼ぐ程度しか経験していません。

ただ1つ言えることとして、当時のように誰でも簡単に稼げていた頃にアフィリエイトをやっていた人の大多数は軒並み淘汰されている可能性が高いということです。

少し前まではスパム的な手法で検索エンジン上位に自分のサイトを強制的に上げて稼ぐことができました。

いわゆるブラックSEOという手法です。

もちろん今も被リンクを送ることは上位表示のために欠かせない外的要因ではあります。

ただ、以前は被リンクを送れば必ず上位にサイトを表示できましたが、今は被リンクを送っても全く上位に表示されないことも多くなってきています。

実際に僕も外部SEOによる実験を繰り返していますが、被リンクを送って上位表示されるサイトは真心を込めてしっかりと作りこんだ有益なサイトばかりです。

今はGoogleが低品質なコンテンツが上位に上がってこないような取り組みを進めているので、そういったスパム的な手法で稼ぐことは難しくなっています。

要するに今までのアフィリエイトで稼ぐという行為が簡単すぎたんですよね。

数年前までは片手間で簡単にアフィリエイトで稼いでいた人達が今までの手法で稼げなくなった途端に口を揃えて今更アフィリエイトなんてオワコンと言っているわけです。

つまり、アフィリエイトをオワコン化扱いしてる人は、単純に時代の移り変わりについていけなかったために、負け犬の遠吠えをしているのです。

あとはアフィリエイト以外のビジネスをしている人がポジショントークのために、アフィリエイトを否定するってこともあります。

例えば転売してる人が転売で稼ぐ塾を販売するときに転売の優位性を強調するためにランディングページのなかでアフィリエイトを批判します。

アフィリエイトは稼ぐまでに時間がかかるとか、Googleのペナルティを食らったら収益が吹っ飛ぶとか色々とディスるわけです。

たしかにそういったマイナスの側面もアフィリエイトにはあります。

ただし、ペナルティを受けて収益が吹っ飛ぶ前にリスクヘッジをしておけば弱点を長所に変えることも十分に可能です。

僕はアフィリエイトを熱心にやっている人間ですが、転売ビジネスのことを否定する気なんてサラサラありません。

むしろインターネットビジネスで上手くリスク分散させて安定的に収益化させていくには、アフィリエイトだけでなく転売などのビジネスモデルも取り入れていいと考えています。

転売のデメリットを挙げるとすれば、仕入れの金額が必要・在庫リスクを抱える・売れなかったときの損失などです。

転売ビジネスの大きなメリットは、売れる商品を仕入れる力や売り出し方が適切であれば、すぐに収益化させることができるという点です。

アフィリエイトで安定的な資産を構築する方法

サイトアフィリエイトやブログアフィリエイトでは検索エンジンの上位表示を狙って稼ぐため、Googleアップデートによって収益が損失するリスクがあります。

また提携しているアフィリエイト案件が終了すれば、検索エンジンの上位に表示されていても収益が発生しなくなります。

サイトアフィリエイトで長期的に収益をあげていくことは意外と難しかったりするわけです。

ただし、1つだけ解決策があります。

その解決策を活用すればリスクを回避しながらアフィリエイトで安定的な収入を得ることができます。

その解決策とはブログやサイトに集まったアクセスをメールマガジンに集めることです。

一般的にメルマガアフィリエイトと呼ばれている手法ですね。

メールマガジンにリストを集めることで、たとえ自分のブログが検索エンジンから追い出されてしまっても見込客に直接的にアプローチして収益を確保することができます。

アフィリエイトで安定的な不労所得を得るには、これ以外に方法はありません。

最近はメールよりもLINEを使うことが圧倒的に増えています。

ですが、おそらく今後もメールマガジンを使ったビジネスは存続し続けると思います。

ちなみにブログやサイトの訪問者をLINE@に誘導する方法もあります。

LINE@の最大のメリットはユーザーが日頃から使い慣れているLINEを使って収益化できることです。

ただし、簡単にブロックできてしまうので離脱者も多く収益を安定化させにくいというマイナス面もあります。

対策としてはLINE@に集客する前段階で見込客との距離感を縮めて信頼関係を構築しておく、メールマガジンとLINE@の両方を活用するなどをしておけば安心です。

アフィリエイト業界で今後生き残っていく人の特徴を考えてみた

アフィリエイトの世界で今後も稼ぎ続けていく人の特徴について考えてみました。

SEOは絶対必要、無理なら広告費を払う

まず大前提として、メールマガジンやLINE@などのコミュニティを運営するまえにブログやサイトでの集客を成功させる必要があります。

そういう意味ではSEOを理解して狙いたいキーワードで検索エンジンの上位に表示させるコンテンツ作成スキルが必要です。

もし、それが出来ないのであれば外部のライターさんにコンテンツの作成を依頼したり、広告費を払ってリストを取得したりしましょう。

ただし狙ったキーワードで上位表示させるにはある程度の経験値が求められるので、SEOに特化したライターさんを雇うのは至難の技です。

資産があるならPPC広告で見込客に直接アプローチしてランディングページからメルマガに登録する流れをとるのが効率良いですね。

個人的にはSEOに関しての知識を深めつつ、自分の狙いたいキーワードで上位表示をさせながらリストを集めていく方法を推奨しています。

SEOに関する成功事例を実体験ベースで持っていれば外注スタッフの方に的確な指示出しをすることができるので、まずは1サイトでも良いから自分の手で作ることが大切です。

もちろん広告費をかけれるなら、絶対にPPCもやったほうがいいので、できるならSEOとPPCを同時進行でやっていきましょう。

読み手に価値を提供できる大きさ=収益額の大きさ

読者に価値を提供できない情報発信者は、見向きもされません。

僕たちは読者にとって面白くて為になる情報を配信できる価値ある存在者になる必要があります。

そういう意味では読み手の想像をはるかに超えるような意外性やユーモアなども大切です。

価値提供がシッカリとできていれば、自分の売りたい商品やサービスが読み手にとっても買いたいものになります。

そういう意味では読み手の心理を動かすライティングスキルなども必要になってきます。

ただ、ライティングに関しては数をこなしていくことで上手くなっていくものなので、最初はとにかく面白くて役に立つ内容を意識して情報発信していけば大丈夫です。

だいたい読者にとって面白くて役に立つ内容になっている記事というのは意識してなくてもライティングのテクニックなどが使われていたりします。

ライティングに関する正しい知識を仕入れるために普段から売れている本のタイトルや、電車の中吊り広告のキャッチコピーなどを確認するようにしておきましょう。

-アフィリエイト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1サイト30万円超えのアフィリエイトサイトの作り方

今回は、1サイトで毎月30万円の収益を出してくれるアフィリエイトサイトの作り方について話そうと思います。 1サイトで毎月30万円というと、結構ハードルが高いように感じるかもしれませんが、実は1サイトで …

アフィリエイターに残された道はアフィリエイトだけじゃない

こんばんは。イアンです。 本日も厳しい暑さが続く日本列島です。 一昔前までは30度を超えて騒いでいたのに、今じゃ大阪は35度をマークしています。 もしかしたら、日本でいちばん暑いのは大阪かもしれません …

健康アップデートで半減したアフィ報酬を1.5倍増しにする方法

ども。イアンです。 本題に入る前に、すこし宣伝を。 前回のネットワークビジネスのブログ、自分のなかではけっこう集大成系なんですよね。 現役ディストリビューターが唸るくらいにマニアックな情報を練りこんで …

アフィリエイトで稼ぎたいなら環境を変えよう(田舎に引っ越せ)

どうも、イアンです。 久しぶりの投稿になりましたが、ヨロシクオネガイシマス。 実はアフィリエイトで爆発的な収益を得るために、引っ越しを決意。 大阪の都会のほうから、逆に京都よりの田舎のほうに身を移して …

実績の詳細を知りたい方には
LINE@にてお伝えしています。

上のキャプチャは1案件のみで売り上げた1ヶ月の報酬額です。

1サイトで月に30万円以上の収益を出すことは難しくはありません。

もちろん、Googleアップデートのことを考えると1サイト5万円くらいのサイトを20個~30個運営していくほうがリスクヘッジになります。

物販アフィリエイトは案件によって承認率が変わってきますので、高い承認率を叩き出すためには商品を確実に受け取ってもらうためのライティングスキルなども必要になってきます。